ハイブリッドアトラスはどこがどう違うの?


アトラスのパラレル方式



今現在の自動車に関して


 今、販売されている自動車はよくハイブリッドという言葉が使われています。
 アトラスにもハイブリッド車というものがあります。

 内容としてはエコカー減税に対応していたり、排ガスもしっかりと抑えられていたり、とても高性能なトラックとなっています。



そもそもハイブリッドとは


 ハイブリッドというのは本来は2つ以上の物を組み合わせて一つの目的を達成するという意味になります。
 しかし、日本ではハイブリッドとエコを良く一緒に使われるためにハイブリッド=エコという意味合いがとても強くなってしまっています。

 エコでも間違いではないですが、本来の意味とは少し違うのでしっかりと覚えておきましょうね!



アトラスのハイブリッド車について


 アトラスのハイブリッド車はパラレル方式という技術が使用されていて、高燃焼効率エンジンと極薄型ハイブリッドモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせて、エコにつなげています。

高燃焼効率エンジンとは燃焼効率を向上するため、新型コモンレール式高圧燃料噴射システムやピエゾインジェクターなどの最新の技術を使用したエンジンです。
低速域から高速域まで力強いパフォーマンスを実現しています。

極薄型ハイブリッドモーターとは従来のハイブリッドモーターを小型・軽量化しながら40kWの高出力を出せる優れたモーターです。
高性能エンジンとの調和により燃費の向上に繋がります。

リチウムイオンバッテリーとはハイブリッドモーターを動力となるバッテリーです。
小型ながら、7.5Ahの大容量で安定した走りを実現しています。

 この3つが組み合わさりパラレル方式と呼ばれていて、燃費は12.8km/Lを達成しています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック