ハイブリッドアトラスはどこがどう違うの?


アトラスのパラレル方式



今現在の自動車に関して


 今、販売されている自動車はよくハイブリッドという言葉が使われています。
 アトラスにもハイブリッド車というものがあります。

 内容としてはエコカー減税に対応していたり、排ガスもしっかりと抑えられていたり、とても高性能なトラックとなっています。



そもそもハイブリッドとは


 ハイブリッドというのは本来は2つ以上の物を組み合わせて一つの目的を達成するという意味になります。
 しかし、日本ではハイブリッドとエコを良く一緒に使われるためにハイブリッド=エコという意味合いがとても強くなってしまっています。

 エコでも間違いではないですが、本来の意味とは少し違うのでしっかりと覚えておきましょうね!



アトラスのハイブリッド車について


 アトラスのハイブリッド車はパラレル方式という技術が使用されていて、高燃焼効率エンジンと極薄型ハイブリッドモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせて、エコにつなげています。

高燃焼効率エンジンとは燃焼効率を向上するため、新型コモンレール式高圧燃料噴射システムやピエゾインジェクターなどの最新の技術を使用したエンジンです。
低速域から高速域まで力強いパフォーマンスを実現しています。

極薄型ハイブリッドモーターとは従来のハイブリッドモーターを小型・軽量化しながら40kWの高出力を出せる優れたモーターです。
高性能エンジンとの調和により燃費の向上に繋がります。

リチウムイオンバッテリーとはハイブリッドモーターを動力となるバッテリーです。
小型ながら、7.5Ahの大容量で安定した走りを実現しています。

 この3つが組み合わさりパラレル方式と呼ばれていて、燃費は12.8km/Lを達成しています。



中古アトラスの外装の傷が気になる…


ディーラーオプションが付いているアトラス



アトラスのディーラーオプション


 中古でアトラスを購入するときに良くあるのが、傷が気になって購入することが出来ない…
 ということです。
 もちろん中古で購入するのである程度の傷やサビは我慢しなければいけないのですが、どうしてもキレイなものが欲しいという人もいますよね。
 ということで今回はアトラスの傷やサビについてまとめてみました。



傷やサビはしょうがない…


 アトラスは小型~普通トラックに分類される乗り物です。
 今のトラックというのはとても耐久性に優れていて乗用車と比べると数倍の走行距離のものでもまだまだ全然乗ることが出来ます。
 走行距離が多いものだと、飛び石とかで傷が出来てしまったり、そこからサビに発展してしまったりするものです。
 中古車で販売されているアトラスの中には割りと新しいものもあり、それらのものはとても綺麗な状態のものが多いので、オススメです。

 しかし値段がとても高いのでやっぱり諦めようという人も多いはず…



諦める…


 いっそのこと傷やサビについては諦めるというのも一つの手です。
 諦めてしまえば選ぼうとしているトラックの幅は広がりますし、いい車両にも出会えるかもしれません。

 ちなみにですが、傷やサビに関しては購入後に再塗装をするとか修理屋に持って行ってピカピカに磨いてもらうという方法もありますよ!
 少しお金はかかってしまいますがこれも一つの手と言えるでしょう。


ディーラーオプションの物が付いているものは若干高い


ディーラーオプションが付いているアトラス



アトラスのディーラーオプション


 オプションが付いている自動車が高いのは当然かもしれませんが、ディーラーオプションが付いているものは特に高かったりします。
 というのはディーラーオプションは値段設定が高めに設定されているからです。
 中古でもこのディーラーオプションが付いているアトラスはとても評価されやすいので、少し高い傾向にあります。



ディーラーオプション一覧



  • ルーフラック

  • プラスチックバイザー

  • ドアエッジモール

  • ゴールドエンブレム

  • ナンバープレートリム

  • マックガードナンバープレートロックボルト

  • フロアカーペット

  • フロアマット

  • シート全カバー

  • イグニッションキー照明

  • 照明付き灰皿

  • 100Vインバーター

  • CTチューナー

  • CD・USBチューナー

  • ブザーガイドモデル

  • 音声ガイドモデル

  • オートライト

  • 荷台マット

  • カーアラーム


 以上が、ディーラーオプションになります。
 このようなものが付いているものは若干値段が高めの設定になっていますので、そこまでしっかりとチェックしましょう。

中古アトラスの選び方


きれいなアトラス



中古のアトラス


 アトラスは架装パターンも沢山あり、とても利便性がいいトラックです。
 さまざまな業界で使用されています。

 そのためアトラスの中古車というのは状態が良い物、悪いもの、たくさん存在します。

 なので当然選び方というのも存在します。
 今回は中古アトラスの選び方についてまとめてみました。



中古のアトラスはここを見よう!


ポイント1  まずは業者を選ぶ!

 世の中にアトラスを販売している業者と言うのは沢山あります。
 対応のよい業者、悪い業者、様々です。
 しかしそれをサイトの見た目や値段などで判断してはいけません。
 確認するべきところは販売店の口コミが一番です。
 実際に購入した人の言葉を見てみましょう。
 検索しても見つからない販売店に関しては、あまり知られていない販売店の可能性があるので少し冒険になるかもしれません。


ポイント2  値段を見る!

 ただ単に値段を見るだけではいけません。
 トラックは値段が高くても中身はボロボロのものも存在しますし、逆に安くても状態はいいトラックも存在します。
 それをどう見分けるかというのは、周りのアトラスと見比べてみて下さい。
 その時にみるべき点としては、年式、走行距離、架装パターン、などなどいろいろな場所を見比べてみましょう。


ポイント3  現車確認!

 現車確認についてはブログテーマの「現車確認」の記事を確認してくだい。
ブログテーマ→現車確認

 これだけのことに注意すれば失敗することはないので徹底していきましょう。


アトラスの種類について


2種類のアトラス



アトラスの種類


 アトラスの種類は大きく分けて2種類あります。
 細かく分けるともっと沢山ありますが…


 種類と言うのは、積載量によって分けられるのですが、1.15t~2.0tと2t~4tの二種類に分けられています。

 今回はアトラスの種類についてまとめてみました。



小型トラックと中型トラック


 新普通免許では中型トラックの運転は出来ません。
 なので、積載量が2t超えのアトラスは基本的には運転することが出来ません。
 中古で購入するときは十分い注意してください。

 他に違う所はデザインが大きく違います。
 小型のアトラスはいすゞの6代目のエルフに似ているデザインとなっていて、中型のアトラスは5代目のエルフに似たデザインになっています。

 上の画像で言うと左側が小型、右側が中型となっています。

 どちらも排出ガス規制に対応していたりスムーサーも導入されているのでとても乗りやすい車両となっています。

アトラスに付いている安全装置について


アトラスのSRSエアバッグ



アトラス


 アトラスは小型トラックです。
 乗用車と比べると小型とはいえとても大きいです。
 なので事故を起こしてしまったら大惨事になってしまいます。

 そんなことを起こさないためにもアトラスには沢山の安全装置が付いています。
 今回はアトラスの安全装置についてまとめてみました。



アトラスに搭載されている安全装置


EDB付きABS
電子制御動力分配質システム付きアンチロックブレーキシステムのことを指します。
タイヤロックを防ぎ、急制動時や滑りやすい路面での安定性を確保することが出来ます。
ステアリング操作も軽快でしっかりと障害物を避けるのをサポート


エンジンコントロールASRシステム
ASRというのはアンチスリップ・レギュレーターというもので、滑りやすい路面での過大なアクセルコントロールを制御することが出来ます。
急発進や、旧加速時に起こるタイヤの空転を制御します。
凍結路や濡れた路面での発進・加速をサポート


前輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
放熱性に優れていて、高い制動力を発揮することが出来ます。


排気ブレーキ
スイッチ操作でON/OFFを切り替えられ、長い下り坂などでのエンジンブレーキをサポートします


高剛性キャブ
アトラスのキャブは軽量化されていますが、最新のコンピューター技術の解析により高い高剛性があります。
高い衝突安全性能に期待できます。


ドアビーム(フロントドア)
前後斜め方向からの衝撃に対応すべく耐久性の高いフレームが採用されています。
衝突された時の衝撃からドライバーをしっかりと守ります。


運転席SRSエアバッグシステム・衝撃吸収式ステアリング
全面衝突の際にはSRSエアバッグシステムエアバッグが乗員の頭部への衝撃を軽減します。
さらに、衝撃吸収式ステアリングが変形することによって、上半身への衝撃も緩和します。


 これらがアトラスの安全性能になります。
 他にもいろいろなところでドライバーの安全を確保するために考えられた構造となっています。

アトラスのラインナップについて


アトラスの種類



特装車


 アトラスはトラックですのでもちろん架装パターンは沢山あります。
 上の画像のように、メーカーが発表している架装パターンだけでもこれだけ沢山のアトラスがあります。
 灯油ローリーとかになってくると中古車で見つけるのはとても大変になってくるかもしれませんが、他のものに関しては、基本的にどこの販売店を見ても見つかるかと思います。
 ぜひ探してみてください。



架装によってオプションとかも異なる!


 架装パターンによって元から装備している物が違ったりオプションで取り付けられるものが変わってきます。
 アトラスの公式ページに主要になっている装備が架装ごとにまとめられていたので一度購入前にみてみるのもいいかもしれません。
 ぜひ一度目を通してみてください。